SEO対策の歴史

日本でSEOという言葉が広まってきたのは、2003年くらいからでしょうか。それ以前1997年頃にも、それに似たものはありました。当時はまだGoogleが登場しておらず、日本でロボット型検索エンジンといえばNTTレゾナンスが開発したgooが最も精度が高い検索結果を出すといわれていました。サイト内のテキストを拾ってgooが順位をつけることはわかっていましたので、文章の書き換えで順位の操作を行うSEOはその頃が最も古い歴史と言えます。その後、Googleが誕生し世界を席巻するとSEOは一気に重要度を増しました。ただし、そのころの日本にはSEO専門業者も少なく最新の知識も主に米国からネットで伝わるものでした。ただ、WEB関連の仕事に携わる人々の中では独自にSEOに注目し、インハウスでSEO対策を行う先進的な人も増えてきていました。

そんな中一部の業者が圧倒的なリンク対策を施すことでめきめきと頭角を現し、上場するまでになります。それらの業者はSEOとSEMを兼ね備えたサービスで次第に業界の先導役となります。SEOの歴史に成功報酬という概念を浸透させたのもそれら業者の功績といえるでしょう。しかし、大手のSEO業者は社員数が多くなり、サービスが散漫になることでSEOの純粋な技術力を徐々に落としてきます。またそうした大手業者は元々オーソリティ力のある大手のサイトをSEOすることが多く、比較的簡単に順位を上げることができるため売上は上がるがSEOの技術はどんどん陳腐化していくというジレンマに陥りました。さらに高額過ぎるSEO対策費用は一般の企業から敬遠されるようになり、次第に力を落としていきます。

その頃、中小のSEO業者も数多く営業を始めるようになり、SEOは一気に戦国時代へと突入することとなりました。独自の技術では順位が上がらなくなった大手の業者の中には、中小の専門業者と提携して技術力を保とうとする動きもありました。

そして2010年になると歴史が大きく動きます。YAHOO!JAPANがGoogleの検索エンジンを採用するという、SEO業界最大の事件が起こったのです。これまでYAHOOに振り回されてきたSEO業者が一気にGoogleのSEO対策へとシフトしたのです。その動きに連動するかのようにGoogleがこれまでにない大きな動きでアルゴリズムの変更を行うようになりました。外部リンクを重視するGoogleが、より内部のコンテンツの善し悪しを判断するようになったのです。そうした中、2010年にブレークしたツイッターを使って積極的にSEO対策の情報を発信する業者が登場するようになりました。SEOの技術はいつか広まってしまうものなので、積極的に技術を開示した方が自分のためになるというのが彼らの基本的な考えのようです。大きな意味で、シェアする概念とでもいうのでしょうか。そんな彼らの発信する情報からSEOに関する気づきとも言えるエッセンスが注目を集めています。

SEO対策のトレンドを振り返る

ここからは当時トレンドとなったSEO対策の歴史を振り返ります。

▼MENU